先輩インタビュー No.2

1年目に担任した子どもたちを、3年目にも受け持って

入社3年目 2歳児担任保育士 S.H
ひまわりキッズガーデン有明の森 勤務

ひまわり福祉会に入社したきっかけを教えてください。

地元の茨城で就職しようかと迷っていたのですが、姉が東京で暮らしていたこともあり、私も東京でチャレンジしようと思ってひまわり福祉会に就職しました。有明の森に見学に来た時、ガラス張りで開放的な雰囲気に魅力を感じました。子どもがのびのびと遊んでいる姿を見て、ここなら私のやりたい保育ができそうだと思ったんです。
就職して1年目は分からないことばかりでしたが、先輩に教わりながら自分ができることを増やしていきました。3年目を迎えた現在は、自分の保育にも少し余裕が出てきた気がします。

仕事のやりがいや魅力はどの点に感じますか。

今年度は2歳児の担任をしているのですが、この子たちは1年目の時に0歳クラスで受け持っていた子たちなんです。たった1年見ていないうちに、こんなに成長したんだ!と感動しました。お喋りが上手になって、遊び方の幅も広がり、子どもたちの成長を見るとやりがいを感じますね。保護者の方々にも「またよろしくお願いします」と声を掛けていただいて、とても嬉しく思います。

社宅利用や通勤面の待遇はいかがでしょうか。

社宅制度を利用しています。法人が用意してくれたマンションを見学して、住む部屋を決めました。自分で一から部屋を探す負担がなく、スムーズに住まいを決めることができて良かったです。また、家賃は給料から差し引かれるので、「家賃分のお金がない!」という心配もなく、安心です(笑)。

今後、どんな保育をしていきたいですか。

もっと子どもたちが楽しく遊べるような保育を考えていきたいです。私が好きな絵本や手遊びを子どもたちと一緒に行い、季節の遊びの引き出しを増やしていきたいと思います。

わたしの”ヒーロー”エピソード

2年目の時、クラスの子どもたちをうまくまとめることができず悩んでいました。歌も手遊びも未熟で、子どもたちに注目してもらえず苦労していたのです。そんな時、先輩のやり方を必死に真似て、同じ手遊びや声掛けをしてみました。
今年度も、お集まりの前などにクラスの子どもたちと手遊びをしているのですが、ふとした時に子ども同士で手遊びをしていたり、絵本を読み聞かせ合ったりしている姿を見て、とても嬉しくなりました。「私のこと、よく見ていてくれてありがとう」という気持ちになります。

実際に働く現場を見たい、直接応募したいという方はこちらから